医療機関を選ぶ際に必要な事を知る

医療

医療機関を選ぶ際に必要な事を知る

医療機関を選ぶ際には看板に書かれている診療科目名が様々あるので、どこに行ったらよいか悩んでしまう場合があります。
精神科と精神神経科は同じものであり、併記してある内容がうつ病や統合失調症、神経症性障害など心の病気を診察してもらう事が出来ます。
心療内科とは心理的な要因によって体の症状を主な対象としており。
胃潰瘍や気管支ぜんそくなど心身症を対象としています。
神経内科とはパーキンソン病や脳梗塞、手足のまひや震えなど脳や脊髄、神経や筋肉の病気を診る事になります。
看板に書かれている診療科目名がバラバラなのは、精神科と書かれていると受診するのに抵抗を感じる人が多くいる為です。
医療機関によってデイケアやナイトケア、集団療法など治療プログラムを実施している所があるので、自分にあった診療方法を選択する事が大切です。
生活支援の調整を行うソーシャルワーカーや、心の悩みを傾聴するカウンセラーなど、専門スタッフを配置しているかも確認する事が大切です。

お知らせ

一覧