緑内障の手術において注意すること

医療

緑内障の手術において注意すること

医師としては、最初の治療の目標は神経を圧迫する、眼球を押す圧力である眼圧をいかに下げるかを考えて動いていきます。
具体的な治療方法としては、最初に眼圧を下げていく手術を実施し、神経が痛む状態を改善させるように施術を行います。
目の手術になると医師であっても、どうしても不用意にミスをすれ失明させてしまうので、必ず実績のある病院などを選ぶようにしましょう。
手術を施す部分が数ミリ単位と細かくなっており、神経を非常に使います。
その手術において実績がなければ、その病院は断った方がいいでしょう。
さらに緑内障を発症してから手術を行った後で、想定される問題は動脈硬化などがあります。
神経を圧迫するため、全身の血流の状態が非常に悪くなっていることもあります。
その点をカバーするために医師は、全身をくまなくチェックしていき、体が悪くなっている部分を改善していきます。
こうして全身の免疫力を改善させていき、緑内障の症状を改善していきます。

お知らせ

一覧